千葉県・埼玉県・東京都・神奈川県のS造建築物の耐震補強、構造設計、擁壁なら仲田一級構造設計事務所

仲田一級構造設計事務所
プロセス
プロセス

■ 打ち合わせ方法
電話、メール、ファックスが打ち合わせの主な手段となります。
お会いした方が良い場合は双方都合の良い場所にて打ち合わせとなります。
(大抵はそちらの事務所にお伺い致します)

業務の範囲 擁壁(工作物申請業務もお受け出来ます)から、適合性判定が必要な建築物件まで。
構造設計 範囲
擁壁の構造設計 L形、逆L形、T形・・・開発及び宅地造成法の擁壁  (構造設計料:1基あたり5万円より)
合理的な計画のご提案を常に心掛けて居ります。
在来木造の構造設計 3階建て木造軸組工法住宅の許容応力度設計法に準拠して設計します。(難易度の高い崖地、斜め壁有り、スキップ、門型フレーム組み込み等も対応可能)
・在来木造2階建て上部構造の計算のみ:標準5〜8万円より(建売30坪程度難易度Aクラスの場合)
2×4の構造設計 ・3階建て2x4の許容応力度設計法に準拠して設計します。
・計算のみ:標準10万円より(30坪程度:難易度Aクラスの場合)
混構造の構造設計 2〜3階木造1階RC造(ラーメン構造、壁式構造):1階ガレージ・崖地等
2〜3階在来木造・2x4+1回鉄骨造混構造:1階店舗・ガレージ棟・崖地等
標準40万円程度〜(30坪程度:難易度Aクラスの場合)
鉄骨造の構造設計 倉庫、工場・・・H形鋼柱ブレース構造、ボックス柱ラーメン構造など
住宅、店舗、商業ビル・・・H形鋼柱ブレース構造、ボックス柱ラーメン構造など
費用:図面拝見にて御打ち合わせ
鉄筋コンクリート造の構造設計 共同住宅、商業ビル・・・ラーメン構造、壁式構造
費用:図面拝見にて御打ち合わせ
耐震補強及び診断
鉄骨造 ■鉄骨造の耐震補強設計
費用:計算書・図面の有無、状況御打ち合わせにて
RC造(SRC造) ■RC造(SRC造)の耐震補強設計
費用:計算書・図面の有無、状況御打ち合わせにて
■鉄骨造の耐震補強設計:震度6を超える震災に備えて:RS工法:(特許申請中): ALC・モルタル・タイル外壁の脱落・大規模損傷から守るために!!

・(鉄 骨 造 限 定)
・既存鉄骨造へ・・・・ラーメン構造の大梁間へ配置自由、開口のまま組み込みOKです!!
・工事は建物内から部分施工のためスピーディーで工事費用は安価。
・主部材は小断面・短材のため各フロアーでの組立可能となり重機不要。

「:RS工法:粘性耐震スタッド工法」(ブレース不要)による耐震補強(当事務所オリジナル新製品)

詳細はこちら RS工法:粘性耐震スタッド工法 イメージ図 中小規模鉄骨造における補強イメージ

当事務所オリジナル新製品の間柱:RS工法:粘性耐震スタッド工法 とは!?

「既存鉄骨大梁間に当事務所オリジナル固定間柱を必要数設置し、耐力目標に合わせて経済的にフレームの剛性アップを図る耐震性能向上が可能な工法です。」
ブレース不要の両端固定軸入力可変モーメント間柱)による補強をご提案致します。

(配置、開口は自由)

以下のケースの場合、後付け耐震補強工事をご提案するものです。

・準備可能な資金の範囲の一般的ビルで意匠を壊さずに明確に地震時の耐震化向上を望む場合。
・外壁の重大な損傷、脱落を心配する場合。
・競売ビル所有の特に昭和53年5月以前旧耐震基準建物の場合。
・平成8年以前旧柱鋼材STKR材使用の場合(柱梁耐力比1.5の現行規定有り)。
・賃貸再契約に耐震補強の条件を求められた場合。
・平成19年6月以前の改正基準法以前建物を、現行基準に準ずる耐震化向上を目的とした場合。

物件ごと技術的に公正中立の立場で詳細な構造計算による検討を行い、建物全体の補強前・後を確認した上で最適な配置と部材サイズの選定を行います。
※必要に応じ、公的審査機関の審査にて耐震検証も可能

業務の範囲
構造計算ソフト
RC、S造 Super Buildシリーズ
(ユニオンシステム株式会社)
在来木造、2X4 木造舎
(KIZUKURI)
擁壁(ネオセルコ) 
作図ソフト
構造計算専用ソフトVARIEから
jw_cad for Windows変換可
(DXF又はPDF渡し)
  • Profile
  • Construction example
  • Process